幼稚部
幼稚部
小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 進路支援 > 夢を持つことの大切さ ~進路講演会

進路支援

夢を持つことの大切さ ~進路講演会
2017年10月11日

夢を持つことの大切さ ~進路講演会

 鶴見校で進路講演会がありました。

 平成28年リオデジャネイロ・パラリンピックのボッチャ日本代表として銀メダルを獲得した木谷隆行さん(太陽の家)が「スポーツを通じた社会参加と社会自立について」をテーマに話してくれました。

 


 

 別府支援学校高等部からも参加してくれました。鶴見校は小中高までの児童生徒が参加。
 

 木谷さんは出身地長崎で過ごした支援学校での生活や太陽の家での仕事、パラリンピックの試合などを振り返りながら『夢を持つことの大切さ』を強調した。

 その後、子どもたちと一緒にボールを投げ、競技の楽しさを教えてくれた。

 代表して高等部1年生が礼を述べ、「卒業後は働き、一人暮らしをしたい。困っている人を助けられるような人になりたい」と目標を発表して講演会を終わった。

 

 

 チャレンジ!! 鶴見校