小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 校長室 > 校長あいさつ

校長室

校長あいさつ
2020年05月13日

 校庭の木々の緑も深まり、初夏を感じさせる爽やかな季節となりました。

 本年度、大分県立南石垣支援学校の校長に着任しました小西 利治(こにし としはる)と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 4月に元気いっぱいの新入生、転入生を迎えて、令和2年度は、小学部28名、中学部35名、高等部43名(全校児童生徒106名)での出発となりました。

昨年度、教頭として勤務する中で感じた本校の子どもたちの良さをさらに伸ばしたい、もっと増やしたい、との思いから始業式では子どもたちに向けて学校生活でチャレンジすることの『3つのお願い』をしました。

〇「ニコニコ笑顔ですごしましょう!」

〇「友だちと仲良くしましょう!」

〇「元気よくあいさつしましょう!」

「友だちがすき、先生がすき、学校がすき」になり、楽しく学べる環境づくりが学校づくりの基礎・基本の一つと考えます。教職員一人一人が児童生徒への接し方や働きかけを工夫するとともに、教職員同士のつながりを大切にし、「チーム学校」として上記の『3つの姿』をより多く引き出していきたいと思います。

 

 さて、学校運営に当たり、今年度は「①一人一人の特性や合理的配慮に基づいた、個別の指導計画によるきめ細かな授業実践」「②安全・安心な学校及び児童生徒一人一人の健康管理への取組強化」「③小・中・高一貫したキャリア教育の推進」「④業務の効率化」の4つの重点目標を設定しました。

 子どもの特性、習熟度等の的確な把握に基づく授業改善、子どもの心身の健康状態や指導の引継ぎでの教員間の連絡体制の強化、緊急時シミュレーションの実施、教職員の業務の均等化などに取り組んで、目標達成をめざします。

今後も保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様のご支援・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

 新型コロナウィルス感染症から児童生徒を守るため、長期間の臨時休業を行ってきましたが、5月11日(月)より分散登校の形で学校を再開しました。久しぶりに登校してきた子どのたちの満面の笑顔や明るい挨拶に心を打たれました。しかしながら、保護者の皆様には登校による感染の不安や心配もあることと存じます。学校現場では、一人一人の距離を確保した少人数での学習、手洗いやマスク着用の徹底、教室の消毒作業、給食場所の分散化、教室のこまめな換気等々の感染防止対策を実施し、安全・安心な学校生活の確保に尽力する所存です。

 保護者の皆様には、分散登校や毎日の健康チェック、お子様の送迎等、多岐にわたるお願いをしていますが、ご理解とご協力をお願いいたします。                         

 

                   校 長   小西 利治