入学案内

高等部普通科
2017年04月01日

 高等部普通科には、、単一障がい(視覚障がいのみ)の生徒が高等学校普通科に準じた教育内容で学習する課程と、重複障がい(視覚障がいと他の障がいを併せ有する)の生徒が生活自立や職業自立に向けて学習する課程が設置されています。どちらの課程も卒業すると高等学校卒業の資格が取得できます。

 普通科では、点字や拡大文字、さらに、パソコンやiPadなどを使用するなど、見え方や障がいの程度に応じて教材・教具を工夫しながら学習をしています。将来は大学への進学、本校専攻科(マッサージ師、鍼・灸師)への進学、一般企業への就職などを目指してがんばっています。  少ない人数ですが部活動も活発で、音楽、科学、陸上、球技と県内外の大会で活躍し、みんな明るく楽しい学校生活を送っています。

  

授業でiPadを活用して見えにくいものを拡大している様子

iPadなどを活用して見えにくい文字を大きくするなどの工夫を生徒が行っています。
 

点字を使用して学習する普通化の生徒

視力に応じて点字を学び、点字を使用して学習を進めます。

 

社会参加へ向けて様々な体験学習を行っています。

社会参加へ向けて様々な体験学習を行っています。

 

大学訪問を行うなど進路選択に向けて様々な学習を進めています。大学訪問を行うなど進路選択に向けて様々な学習を進めています。 

 

HOME > 入学案内 > 高等部普通科