学校行事

創立110周年記念式典
2018年06月04日

 6月4日(月)に大分県立盲学校の創立110周年記念式典が行われました。在校生や教職員、保護者、来賓等120人が出席しました。

 校長先生が「これまでの伝統を受け継ぎ、本校の使命を果たしていきたい。」と式辞を述べました。また、同窓会会長も「自分の人生は充実した学校生活で救われた。」と学生時代を振り返りながら祝辞を述べてくれました。

 在校生の慶びの言葉では、幼小学部の歌とダンス、中学部全員での決意やこれからの夢を交えたメッセージ、高等部生徒会長は、これからも日々努力を続けたいと力強く語ってくれました。

 最後は校歌を歌い、全員で110年という長い歴史の重みをかみしめた式典となりました。

校長先生の式辞の様子

校長先生の式辞の様子

幼小学部慶びの言葉を披露する様子

幼小学部慶びの言葉を披露する様子

中学部慶びの言葉を披露する様子

中学部慶びの言葉を披露する様子

高等部慶びの言葉を披露する様子

高等部慶びの言葉を披露する様子

HOME > 学校行事 > 創立110周年記念式典