学校行事

平成25年度 第32回九州地区盲学校音楽大会大分大会
2013年11月18日

 11月15日(金)にiichiko総合文化センター音の泉ホールで、九州各県の盲学校・視覚特別支援学校の代表が集まり、「第32回九州地区盲学校音楽大会 大分大会」が開催されました。
 大会前夜の交流会では、高崎山のゆるキャラこと「たかもん」がゲストとして登場。和気あいあいとした雰囲気の中、お互いの親交を深めました。
 本番のステージでは、各校がこの日のために練習を重ねてきた素晴らしい合奏や合唱が披露され、緊張感の中にも心温まる演奏が会場を大きく包みこみました。
 本校音楽部は、ヴィヴァルディの「四季」と一青窈さんの「ハナミズキ」を演奏しました。1曲目の「四季」は、大分県立芸術文化短期大学の河野敦朗先生のアレンジによるバンド演奏で、エレキギターやエレキベース、キーボードの素晴らしい演奏が会場を沸かせました。2曲目の「ハナミズキ」では一転、心に沁み入るボーカルの声とバンドの美しいハーモニーが会場をしっとりと包みこみました。
 審査の結果、本校はグランプリは逃しましたが、「ハーモニー賞」を受賞することができました。
 プログラムの最後は、ステージ上の本校の幼児児童生徒と会場の皆さん全員による「Believe」の大合唱でフィナーレを迎えました。

 交流会で本校の紹介をする生徒達

交流会で本校の紹介をする生徒達

 

交流会でゲスト出演してもらった「たかもん」

交流会でゲスト出演してもらった「たかもん」

 

「四季」を演奏する児童生徒たち1

「四季」を演奏する児童生徒たち1

 

「四季」を演奏する児童生徒たち2

「四季」を演奏する児童生徒たち2

 

「ハナミズキ」を演奏する児童生徒たち1

「ハナミズキ」を演奏・歌唱する児童生徒たち

 

各学校を歓迎するオリジナルの横断幕を作成して演奏中ステージで披露しました。

各学校を歓迎するオリジナルの横断幕を作成して
演奏中ステージで披露しました。

 

全体合唱でステージに立つ幼児児童生徒1

全体合唱でステージに立つ幼児児童生徒1

 

全体合唱でステージに立つ幼児児童生徒2

全体合唱でステージに立つ幼児児童生徒2

 

全体合唱がフィナーレを迎えた様子

全体合唱がフィナーレを迎えた様子

  

HOME > 学校行事 > 平成25年度 第32回九州地区盲学校音楽大会大分大会