学校行事

平成30年度 1学期中学部サポーター活用事業原稿
2018年06月12日

 6月12日(火)にサポーター活用事業で、上級中医薬膳師の照来昌生子先生を招いての『味噌づくり』に挑戦しました。

 最初に先生から「味噌は、昔ながらの調味料でありながら、人間の健康も守ってくれているものです」と味噌の素晴らしさを話して頂いてから、作業に入りました。柔らかくした大豆をつぶして、糀と塩を合わせたものに入れ、タッパに詰めて密封しました。作業は1時間ぐらいでしたが、実際に食べられるのは半年後と知り、生徒たちは作業の大変さを実感したようでした。その後、先生が仕込んで3ヵ月後のものと1年後のものを味見させてくれました。3ヵ月後のものは塩っ辛いのに、1年たつと味噌の甘みが出てきており、生徒もあまりの違いに驚いていました。

 最後に一人ずつ感想を述べて、「味噌づくりの大変さがわかった」「寝かせる時間で味が変わっていたのでびっくりした」と貴重な体験ができたようでした。


調理をする中学部の生徒の様子

調理をする中学部の生徒の様子

HOME > 学校行事 > 平成30年度 1学期中学部サポーター活用事業原稿