学校行事

視覚障がいのあるマラソンランナーとのふれあい交流会
2016年02月08日

  2月8日(月)に本校を会場として、大分県障がい者体育協会・日本盲人マラソン協会等が主催する「視覚障がいのあるマラソンランナーとのふれあい交流会」が行われました。

  来校されたのはリオパラリンピックに参加予定の堀越信司選手、道下美里選手です。交流会前半は、お二人がマラソンを始められたきっかけや、マラソンの魅力などについて解りやすくお話していただきました。後半は会場を体育館に変えて、走り方のコツやガイドランナー(伴走者)と上手に走る工夫などについて実演を交えてご指導いただきました。  

 お二人とも別府大分毎日マラソンに参加した翌日にもかかわらず、生徒たちと楽しく交流していただきました。参加した生徒からも「とても勉強になった」との感想が多く寄せられ、とても有意義な時間となりました。

 

競技選手としての姿勢を解りやすくお話になる堀越信司選手

競技選手としての姿勢を解りやすくお話になる堀越信司選手

 

マラソンの魅力を楽しくお話になる道下美里選手

マラソンの魅力を楽しくお話になる道下美里選手

 

ガイドランナーの方法について実演する道下選手たち

ガイドランナーの方法について実演する道下選手たち

 

HOME > 学校行事 > 視覚障がいのあるマラソンランナーとのふれあい交流会