学校行事

大分地方気象台による中学部出前授業
2017年10月25日

 10月25日(水)3,4限に大分地方気象台の3名の講師をお招きし、中学部の生徒に対し「出前授業」をしていただきました。
 内容は「地震と防災について」というテーマで、地震が起こる仕組みや地震と災害・防災、防災情報とその活用について話をしてくれました。とてもわかりやすく説明をしてくれたので、生徒も集中して聞き入っているようでした。ケータイやタブレットが急に鳴り出す緊急地震速報のアラームを実際に聞いて、熊本地震の時を思い出したり、iPadを使って大分地方気象台のホームページから様々な情報を得たりもしました。最後は液状化現象と津波の実験をしてくれました。風で起こる波と地震の津波の差がよくあらわれており、とてもわかりやすく生徒も真剣な表情で見ていました。身近な問題でもある地震と防災について、とても良い学習ができました。

 

地震のメカニズムについて説明を受ける様子

地震のメカニズムについて説明を受ける様子

 

緊急地震速報を聞いて、机の下にもぐる訓練をしている様子

緊急地震速報を聞いて、机の下にもぐる訓練をしている様子

 

iPadを使い、災害に関する情報を集めている様子

iPadを使い、災害に関する情報を集めている様子

 

津波の様子を視覚的に捉える実験の様子
津波の様子を視覚的に捉える実験の様子

HOME > 学校行事 > 大分地方気象台による中学部出前授業