学校からのお知らせ

『令和3年度2学期始業式』
2021年09月01日

 9月1日(水)に、2学期始業式が行われました。始業式は、情報室から各教室へZoomで配信されました。接続テストでは、校長先生からの「声が聞こえていますか」の問いかけに、児童・生徒が手で大きくまるを作り、合図を送りました。
 式では、校長先生が東京オリンピック、パラリンピックに関連し、「挑戦すること」と「人と人の絆」の大切さについて話をされました。また、本校同窓会からいただいた助成金の紹介がありました。
約1か月ぶりに登校した児童・生徒は各教室で元気な笑顔を見せてくれました。2学期は、行事もたくさんあります。楽しく充実した学期にしましょう。 

webスタジオからzoom配信

校長先生の問いかけに〇で合図

―以下、校長先生の式辞-

 今日から2学期が始まりました。夏休み中は元気に過ごせましたか?
さて、今年は、オリンピック・パラリンピック東京2020が開催され、その様子を楽しんだ人もいると思います。
私が、特に印象に残っているのは、オリンピックの野球で日本が金メダルをとったことです。最後まであきらめない試合をし、感動を届けてくれました。その代表選手24人のうち、大分県出身者が森下選手、甲斐選手、源田選手と3人もいて、とても誇らしく感じました。
 また、パラリンピックでは、陸上男子5000メートルで銀メダルをとった唐澤選手が印象深いです。唐澤選手は、盲学校時代にスポーツを始め、卒業後にパラ陸上に取り組んだそうです。「きずな」と呼ばれるロープでつながったガイドランナーとの息の合った走りに心が揺さぶられました。
 さて、皆さんの2学期も大いに活躍するチャンスが待っています。私たちはオリンピック・パラリンピック選手ではありませんが、オリンピック・パラリンピック選手のようなチャレンジ精神はもつことができると思います。「やってみよう」や、「楽しもう」という意欲をもって取り組んでもらいたいと思います。結果はおのずとついてくることが多いです。「継続は力なり」といいますが、その通りだと思います。時間をかけて身につけられることがたくさんあります。
きずなでつながった、盲学校の友達や先生方、家族などに支えられ、自信をもってたくさんの経験をしてください。充実した2学期にしていきましょう。
さて、夏の疲れをとるために栄養バランスのよい給食が今日から始まります。なんと9月7日は「野菜たっぷりの日」なのだそうです。楽しみですね。
新型コロナウィルス感染症への心配はありますが、対策をしっかりすることで予防していきましょう。不安なときは、いつでも担任の先生や、保健室の先生、寄宿舎の先生などに相談してください。
それでは、以上で私の話は終わります。

同窓会 母校助成金授与について  15万円  生徒会活動や部活動などに使わせていただきます。ありがとうございます。

HOME > 学校からのお知らせ > 『令和3年度2学期始業式』