学校紹介

ごあいさつ
2018年04月02日

安藤英俊校長先生の写真

ご挨拶

大分県立盲学校  
校長 安藤英俊

 今年度、大分県立盲学校は創立110周年を迎えます。現在、幼稚部3名、小学部6名、中学部4名、高等部本科4名、高等部専攻科9名の合計26名が在籍していますが、幼児児童生徒たちは、100年を超える歴史と伝統の継承と、さらなる発展に向け、日々の活動に取り組んでいます。
 また今年は、第三次大分県特別支援教育推進計画の初年度にあたります。今後学校が変化していく中で、「不易流行」の「不易」=「時代の流れを超えて変わらない部分」を大切にしつつ、「流行」=「新たな時代に応じた新しい部分」を追求していく姿勢を持ち続けていきたいと思っています。
 今年度の学校重点目標は、昨年度に引き続き、幼児児童生徒の目標と学校・教職員の目標が一体化し共に同じ方向に向かって進んでいけるように、校訓「健康 自立 感謝」にあわせて以下の様に設定しました。

 健康:学校防災体制の強化と人権意識の向上による、命を守る力の育成と安心・安全な学校づくりの推進
 自立:個別の教育支援計画の検証・改善による、生活自立と社会自立に向けたキャリア教育の推進
 感謝:視覚障がい教育に関する研修及び個別の指導計画の検証・改善による、専門性と指導力の向上
 
 この取り組みをとおして「不易流行」を具現化していきたいと思っています。
 そして、幼児児童生徒が本校で学ぶことで成長し、「盲学校に行ってよかった」と関係者の皆様から言っていただけるよう、教職員一同、熱意と使命感をもって、教育活動に取り組んで参ります。

平成30年4月
 
 

HOME > 学校紹介 > ごあいさつ