小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > 入学式(学校長式辞)

学校からのお知らせ

入学式(学校長式辞)
2018年04月11日

式辞
 うららかな春の光の中、色とりどりの花が咲き競う季節を迎えました。
 この佳き日に、多くのご来賓の方々、並びに、保護者の皆様方のご臨席を賜り、入学式が盛大に挙行できますことに、心から感謝申し上げます。
 本日、入学する小学部5名、中学部4名、高等部12名の児童生徒の皆さん、入学おめでとうございます。
 先ほど、一人一人の入場の様子や名前を呼ばれ返事した姿と引き締まった表情を見て、皆さんの学校生活への意気込みが伝わってきました。中津支援学校の児童・生徒として、これからどんな成長を見せてくれるのか、みなさんの活躍が楽しみでなりません。
 さて、新入生の皆さんにいつも覚えておいてほしいことがあります。それは本校の「あかるく なかよく じぶんらしく」という校訓です。
 最初の「あかるく」は、いつもあかるくあいさつをするということです。本校の在校生はいつも大きな声で「おはようございます」とあいさつをしてくれます。それを聴くと、朝からとてもすがすがしい気持ちになります。あいさつは自分もまわりも温かい気持ちにする魔法のことばです。明日から早速はじめてみてください。
 二つ目の「なかよく」は、友だちと仲よく学校生活を送るということです。友だちとたくさん遊び、話し、そして一緒に勉強にがんばりましょう。
 もし、友だちが困っていたら、助け、はげましてください。決して、友だちが嫌な思いをしたり、傷つけることのないようにお願いします。
 三つ目の「じぶんらしく」は、「自分でできることを見つける」ということです。これまで、人にお願いしたり、頼ったりしたことも多かったと思います。はじめからあきらめるのではなく、少しでもできることに挑戦してほしいと思います。これまでできなかったことが頑張って少しでもできるようになったときの喜びはとても大きいものです。それが自分の自信につながります。
 この三つをいつも心がけてほしいと願っています。
 さて、保護者の皆様、本日はお子様のご入学、誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。私ども教職員一同、皆様の思いや願いに応えられるよう、熱意と使命感を持って児童・生徒の教育に取り組んで参ります。どうぞ本校の教育活動に深いご理解と温かいご支援・ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
 結びになりましたが、ご多忙の中ご臨席を賜りましたご来賓の皆様には、今後とも本校教育活動への尚一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
 最後に新入生の皆さんが、楽しく充実した学校生活を送り、大きく成長できることを心から願って、式辞といたします。

 
平成30年4月11日

校長 吉野 昭子