小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 進路支援 > 地域ネットワーク構築事業に係る「第2回PTA進路説明会及び講演会」を開催しました

進路支援

地域ネットワーク構築事業に係る「第2回PTA進路説明会及び講演会」を開催しました
2016年01月18日

 1月18日月曜日に標記の会を本校高等部プレイルームで開催しました。まず13時から、障害年金についての説明会が行なわれました。大分年金事務所より、「障害年金ガイド」という冊子の資料をゆっくりと読みあげながら、ていねいに分かりやすく説明をしていただきました。その後、請求の際に必要な書類の説明がありました。今回の研修でポイントを教えていただき、障害基礎年金の請求から支給までの流れがよく分かりました。具体的に説明していただくことで、保護者の方も「子どもの将来について少し安心できた」という声が上がっていました。

 

 次に、14時10分から、みくにグループの代表取締役の坂本和徳さんが「働く力と潜在能力の引き出し方」という演題でお話をしてくださいました。坂本社長は昨年の卒業生を雇用、また、今年も現場実習の受入れをしてくださっている、理解ある経営者(大分市内で介護事業を中心に展開)です。人は誰でも障がいなども関係なく、誰かに認めてもらいたいという願望を持ち、潜在能力がある。その力を引き出すには、チャレンジさせる、目標設定をする、達成できたら一緒に喜ぶなど7つのポイントを挙げて話してくださり、保護者の方々も大きくうなづきながら聞いていました。「多様性を認める社会」を作っていく必要性や、支援に関わる側のあり方を教えていただき、大変有意義な時間となりました。

 

【講演会について保護者の感想】

・「さまざまなことにチャレンジしてみると人生の宝になるということばがありました。その通りなのだろうなと思います。こどもや自分もいろいろな経験を積んでいきたいと思います。」

・「とてもよかったです。親の心構えが聞けた感じがしました。」

・「親の心も鍛えて、受け止められるように強くなりたいです。」

 

講演会の様子の写真