小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 進路支援 > 高等部3年生が第4期現場実習を行いました

進路支援

高等部3年生が第4期現場実習を行いました
2016年07月11日

 高等部3年生16名が、第4期現場実習に行ってきました。生活教養科とチャレンジコースは6月20日(月曜日)~7月1日(金曜日)までの10日間、アタックコースは6月20日(月曜日)~7月8日(金曜日)までの15日間、実習を行いました。

生活教養科の生徒が実習を行っている様子です。

実習先で料理をしているところです。

お店で商品を整理している様子です。

 今回の実習は卒業後の進路を「決める」重要な実習です。2回目、3回目の実習となる生徒は、卒業後の就労や利用を想定して、新しい作業や少し難しい作業にも挑戦しました。

 

 実習報告会では、一人ひとりが生花や反省を発表し、「あいさつ」「返事」「身だしなみ」「言葉使い」などの「凡事徹底(ぼんじてってい)」(あたりまえのことを、あたりまえにきちんとすること)を心がけ、残された学校生活を送ろうと確認しました。卒業後の「働く生活」を考える、有意義な現場実習となりました。

 

 今回の実習では、約半数の生徒が卒業後の希望進路先を決めることができました。今回決定に至らなかった生徒の中には、夏季休業中に臨時実習を行い、新たな可能性を探り、次回の実習に臨む生徒もいます。夏季休業中も、各自の目標に向かって頑張っていきましょう。