小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > その他の活動 > 平成29年度大分市初任者研修「校外研修」が本校を会場に行われました

その他の活動

平成29年度大分市初任者研修「校外研修」が本校を会場に行われました
2018年01月19日

 1月18日(木)に標記研修会を行い、37名の大分市の小中学校新採用の先生方が参加しました。

 この研修会は、児童生徒一人一人の特性や発達の段階に応じたきめ細かな指導のあり方等について理解を深め、実践的指導力の向上に役立てるため、大分市教育委員会の主催で実施するものです。昨年までは70名を超す先生方が新生支援学校と1年おきに開催していましたが、より細やかな研修を目指して、両校で同日に開催するようにしました。

 

 まず、本校の概要や教育課程等の説明を行い、「一人一人の教育的ニーズに応じた支援のあり方」について学びました。その後、就労につながる高等部の作業学習を見学しました。その後、小学校採用の先生方は小学部へ、中学校採用の先生方は中学部に移動し、授業参観や指導補助という形で実習を行いました。午後は各クラス担任からの指導のあり方について学んだ後、グループ協議や本校特別支援教育コーディネーターによる講義と続き、中身の濃い1日となりました。



 参加した新採用者からは、

「教室の仕切りや教材の配置等、細かいところまでよく考えて子どもたちの可能性を伸ばす指導をしていると感じた」

「先生方は子どもたちの特性を理解して指導していることがよく分かり、ヒントをいただくことができた」
「高等部の生徒たちの多くが働く力をよく身に付けていることに驚いた」

「教材・教具の工夫の実際を見ることができて、発達障がいの生徒に活かせるなと感じた」

「学校に戻ったら、改めて一人一人を見つめ直し、個を伸ばす指導をしていきたい」

といった感想が数多く聞かれました。

 本日の経験を持ち帰り、児童生徒や保護者のニーズに応じた指導・支援に繋げてほしいと思います。新採用の先生方、お疲れ様でした。