小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > 「学校給食1日まるごと大分県」の取組を実施しました

学校からのお知らせ

「学校給食1日まるごと大分県」の取組を実施しました
2017年11月15日

11月14日(火)の給食の献立は、米飯、ブリのマヨ焼き、野菜のカボス和え、だんご汁でしたが、いずれも大分県産の食材を使用しました。児童生徒は、クラスで担任から「地産地消」の意義を聞き、楽しく美味しそうに食べていました。


県教育委員会が推進する「地産地消」の利点として、

1 新鮮な状態で学校に届く

2 輸送費が安い

3 食材を身近に感じることができる

4 大分県をアピールすることができる

などが挙げられます。

学校給食の食材に地域でとれた季節の野菜や魚などを活用することにより、児童生徒が地域の生活に目を向け、地域に関心を持つことにつながります。大分県は全国でも有数の「海の幸、山の幸」が充実した地域であり、美味しいものがたくさん穫れます。本校では、安全・安心な摂食指導とともに、「地産地消」の取組を大切にしていきます。


ランチルームに掲示したポスター

給食だよりで意義を勉強