小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > 「平和学習」を行いました

学校からのお知らせ

「平和学習」を行いました
2016年08月19日

 8月5日(金)の登校日に、「平和学習」を行いました。

 小学部から高等部まで、理解度に応じた絵本や映像、音楽などを活用し、命の尊さを学びました。

 小学部4~6年生は、原爆の被害に遭った少女が登場する絵本「まちんと」を教員が読み聞かせることで、戦争の愚かさ、平和の尊さを伝え、命を大切にすることの意味を伝えました。

 中学部3年生は、絵本「へいわってどんなこと?」を使い、日常の平和は「温かいご飯が食べられる」「友だちと勉強したり遊んだりすることができる」といった当たり前のことが積み重なっているのだということを学びました。

 高等部は原爆で娘を失った母親の証言映像を通じ、女学生の青春を奪った戦争の悲惨さを学びました。

 各学部の先生方は、究極の「人権学習」と位置付け、差別をしない心を持っていじめのない学校を作っていくことの大切さを伝えました。児童生徒は、今日学んだことを日々の生活に生かしてくれることでしょう。


 *この授業の模様は8月19日付け大分合同新聞に掲載されました。  
   こちらをクリック→280819goudou(312KB)