小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > 教職員人権教育研修会を実施しました

学校からのお知らせ

教職員人権教育研修会を実施しました
2017年08月08日

 夏季休業中、本校の先生方は日々研修に燃えています!8月4日(金)には、大分県立看護科学大学准教授 平野 亙先生をお招きして、「障がい者の差別解消から権利擁護、そして自立支援へ」というタイトルで、本校教員向けの研修を実施しました。
 
冒頭ではチャリティー番組の話を引き合いに国連障がい者権利条約に触れ、障がいの医学モデル、社会モデルの考え方の違いを述べられました。中盤では堤中納言物語の「蟲愛づる姫君」の話や、ブッダのことば「犀の角のようにただ独り歩め」を例に出しながら、大変わかりやすく興味深い内容が述べられました。
 そして後半は、ご自分が関わった「障がいのある人もない人も安心して暮らせる大分県づくり条例」の「つくる会」結成から条例制定までのご苦労、制定後に県民が得たものなど、熱く語ってくださいました。その中でご自分の経験から、障がい者も「人を好きになる権利」を当然持っていること、自閉症であっても友情は成立することなど、「なるほど」と思える内容がたくさん紹介されました。

 今回我々が学んだことを、「合理的配慮」も含め本校の教育活動に生かしていきたいと思います。特別支援学校の教育活動は常に「人権教育」と一体となっているのだということを強く感じた1時間30分でした。平野先生、ありがとうございました。