小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > 「事業主等学校見学会」(一般企業向け)を行いました

学校からのお知らせ

「事業主等学校見学会」(一般企業向け)を行いました
2017年10月27日

 10月26日(木)に、今年度第3回の学校見学会を開催しました。

 先月9月12日(火)にも福祉施設向けの学校見学会を行いましたが、今回は一般企業の代表の方や人事担当の方に来校いただき、本校高等部の作業学習における生徒の働く姿を見ていただきました。

 当日は大分市内や別府市、豊後大野市から一般企業のみならず、就労継続支援A型事業所、社会医療法人、ハローワーク、障害者職業センター、障害者就業・生活支援センター、近隣の特別支援学校等から40名ほどの参加がありました。

 
 まず、名刺交換を行い、グループ毎に分かれて授業(作業学習)の見学をしていただきました。本校高等部(在籍生徒数112名)は「竹工」「手芸」「紙工」「木工」「工芸」「窯業」「農業」と7つの作業班に分かれ、暑い日も寒い日も一生懸命取り組み、働く力を磨いています。当日は生徒自身が、どんな作業をしているか、難しいところはどんなところかなど、説明を行いました。そういった姿を見ていただいたことで、将来会社の戦力となる人材が見つかったかもしれません。その後はグループ毎に分かれて情報交換会を行いました。
 
  本校の進路指導のあり方としては、一般就労ができたから良いとか、福祉的就労だから良くないといった考え方に立っているのではなく、あくまで本人の希望や保護者のニーズに沿った進路指導を第一義として捉えています。そういった中、一般就労を希望する生徒には、その力をつけ目標達成を教師と共にめざしていくことの大切さを忘れず、企業や関係機関との連携を図りながらこのような取組を行っています。

 参加者の皆様からは、「生徒の働く力がどんどん育っていると感じています」「特別支援学校の生徒といっても、働く力は高等学校の生徒と遜色ないか、それ以上のものを持っていると思います。今後も頑張ってください」「今日初めて参加して、生徒のひたむきな姿や事業所の方の就労に対する考え方に感銘を受けました」「情報交換会は非常に役に立つ濃厚な話ができたたが、もっと時間がほしかった」といった意見を頂戴しました。今後に向け、改善に役立てたいと思います。ご参加の皆様、ありがとうございました。