小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 校長室 > 『元気が1番! みんなが主役 チーム大分支援』新年度の校長挨拶を掲載しました

校長室

『元気が1番! みんなが主役 チーム大分支援』新年度の校長挨拶を掲載しました
2017年04月13日

 例年になく寒さが続き、入学式で満開の桜を間近に見ることができました。桜がヒラヒラと舞い降りる様は、なんとも言いがたい風情があると感じます。

 昨年の大分支援学校は保護者や地域の方々のご協力のもと、子どもたちの良さが光った1年だったと感じます。開かれた学校づくりのために積極的に情報を発信し、新聞記事にも14回取り上げられ、ホームページの更新も100回を超えました。

 
 今年度、本校は児童生徒数230名、教職員数139名の大所帯となりましたが、まずは安全安心な学校づくりを行い、その上で全ての子どもたちの自立と社会参加を目指します。そして、子どもたちの笑顔を引き出すために、引き続き授業の充実や部活動・余暇活動の充実を図っていきたいと考えています。また、今年度から新しい職として、主幹教諭、指導教諭、スクールカウンセラー等が導入され、活用を図っているところです。

 
 本校は、「何事を行うにも元気を第一とし、児童生徒をはじめ職員、保護者、地域の方々全員が主役の学校であり、常に集団としてのまとまりを大事にする学校でありたい」との願いを込めて、標記の合言葉を設定しています。


 地域の方々も是非一度、新しい大分支援学校の子どもたちの生き生きとした様子を見に来てください。お待ちしています! 

                        校長 田中淳子