小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 小学部 > 小学部児童が高等部の先輩に掃除のやり方を見せてもらいました

小学部

小学部児童が高等部の先輩に掃除のやり方を見せてもらいました
2016年01月24日

 1月21日(木)に、進路学習の一環として、高等部3年生職業生活科の生徒が小学部3年生、4年生の教室に来てくれました。ねらいは、先輩方の掃除のやり方を見せてもらうことです。

 

 初めに「自在ぼうき」の使い方を実演してもらい、その後実際にやってみました。でも、見るのとやるのでは大違い。ほうきの動かし方がうまくいかず、先輩や高等部の先生からほうきを一緒に持って動かしてもらい、上手な動かし方を教えてもらいました。動かし方が分かると、一人でも上手に掃けるようになりました。

ほうきの使い方を実演してくれています。 

 次に、タオルを絞って机を拭くところを見せてもらいました。拭くときに、濡らしたタオルと、乾いたタオルの2枚使っていて、理由を尋ねると、濡らしたタオルで拭いたままだと拭き跡が残るからと教えてくれました。毎朝、机拭きの係仕事をしている小学部4年生のAくん、早速次の日から2枚持って机を拭くようになりました。

 

 最後に、雑巾の絞り方、床の拭き方を見せてもらいました。雑巾の縦絞りをするときの持ち方が難しくて一苦労。それでも、先輩や先生に教えてもらいながら絞り方を練習していました。

 

 小学部3年生のBくんは、格好良く掃除をする先輩を憧れのまなざしで見ていました。僕もあんな格好良い先輩になりたいと、次の日から教室の掃除を頑張るようになりました。