小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 小学部 > 障がい児写真展「いのち・しあわせのかたち」が開催されました

小学部

障がい児写真展「いのち・しあわせのかたち」が開催されました
2018年08月14日

障がい児写真展「いのち・しあわせのかたち」が、8月11日から12日までホルトホールで開催されました。小学部4年安藤那月さん保護者の呼びかけにより、行われたものです。

主催は、「大分に住む呼吸器っ子の母たち」で、以下はパンレットに掲載された内容です。

いろんな病気、障がいによって人工呼吸器が必要になった子どもたちがいます。

そして、その子どもを支え、愛する家族、仲間たちがいます。

ちがってみえるけど、みんなとおんなじ、命、希望、しあわせがあります!

そんな子どもたちとその家族の「いのち・しあわせのかたち」を見に来てください!!

当日は、多くの方が来場し、写真展を見学されていました。

小学部1年安藤大稀さん、小学部3年山田虎太朗さん、そして県内外の方の写真も数多く展示されていました。

いのち・しあわせには、いろんなかたちがあると再認識できた心のこもった写真展でした。

(この写真展のことを、放送局OBSが報道していました。)