小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 校長室 > 令和3年度 着任のご挨拶

校長室

令和3年度 着任のご挨拶
2021年04月19日

~着任のご挨拶~

 この度佐伯支援学校に着任いたしました、古庄 一夫(ふるしょう かずお) と申します。

佐伯支援学校とは古くからご縁があり、校内で開催する授業研究会や研修会などで何度も訪問させていただきました。元気いっぱいに活動する児童生徒たち、教育活動充実のために指導・支援を工夫される先生方の姿に、その都度感心と感動を覚えていました。この度の着任を心からうれしく思っています。

 さて、本校は昨年度、「元気に かがやく 佐伯人」を新たな校訓としました。

“元気に かがやく”ためには、児童生徒自身がさまざまな活動への関心・意欲を高め主体的に活動すること、少しの困難があっても意欲を喚起させて挑戦を続けること、一人一人が目標達成の充実感を味わうとともに自分自身に自信をもつことが不可欠です。

 また、“佐伯支援の子ども”ではなく“佐伯人”(さいきびと)という言葉を用いたのは、ふるさと佐伯を愛し誇りをもとう、佐伯の人々とかかわり佐伯の一員として少しでも地域に貢献しようという思いを込めたためです。

 本校教職員が、この「元気に かがやく 佐伯人」という校訓の意味を常に意識し、自身も“元気に かがやく”教職員であることを心がけ、一丸となって学校づくりに取り組んでまいります。

結びに、保護者の皆さま、地域の皆さまには、本校の教育活動に対するご理解と暖かいご支援をいただいておりますことに感謝を申し上げます。

今後も、安全確保に最大限の注意を払いつつ、皆さまのご期待に応える教育活動を行うよう全力を尽くしてまいります。

 引き続きご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

令和3年4月
大分県立佐伯支援学校
校 長  古庄 一夫