小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > その他の活動 > 『学びを "つなぐ"』 H29年度 竹田支援 重点目標②

その他の活動

『学びを "つなぐ"』 H29年度 竹田支援 重点目標②
2017年07月14日

学びを つなぐ 竹田支援 重点目標②

平成29年7月12日(水)

本校では 「学びをつなぐ」 という2番目の重点目標を掲げ、児童生徒の実態にあわせた個別の指導計画の作成と互見授業研修を実施しています。

   

今回は 小学部の遊びの指導の授業において 全校での互見授業設定で研修を実施しました。

   

事後の研修会では 主指導者から説明があり 研究主任の主導で グループ討議をおこないました。指導案と個別の指導計画を照らし合わせて

指導方法と手立て、評価と課題の部分を どのように考えるか 各グループで話し合いました。

8月末に前期の個別の指導計画をどのように評価し 後期の目標設定をしていくための視点が 各グループから出ていました。



 

ナンバーワンよりオンリーワン 大分県立竹田支援学校 四つの甲斐(かい)

平成29年6月23日(金) 個別の指導計画  研修ワークシート作成

竹田支援学校の重点目標②では 「学びを つなぐ」の中で 個々の児童生徒について作成した個別の指導計画作成について 研修ワークシートを作成し、PDCAサイクルにて授業後に見直した内容や 見直した理由について 研修を実施しています。

 

 

生活単元学習や遊びの指導など 指導の形態における 単元や題材を見直したのか 目標やねらいを見直したのか

指導内容や指導方法を見直したのかなど それぞれの教職員が スプレッドシートに記入して 全職員で共有して作成しています。

 

個別の指導計画は 日々の授業の中で 目標に即した児童生徒の変容を通して実践の評価をおこなうことが大切になっています。

 

ナンバーワンよりオンリーワン 大分県立竹田支援学校 四つの甲斐(かい)

平成29年6月12日(月) 改訂された学習指導要領について

4月28日に文部科学省より 次期特別支援学校 小学部・中学部学習指導要領の公示が官報で行われました。

「学びの連続性」を意識した 新しい学習指導要領には、段階ごとに目標がきっちり明記され、現行の学習指導要領と比べても記述が増えています。6月12日(月)の職員会議において 現行の学習指導要領と新しい学習指導要領を対比させた対照表を学校独自に作成し 関連する新聞記事をもとに 改定のポイントを全職員で 確認しました。

  

 

ナンバーワンよりオンリーワン 大分県立竹田支援学校 四つの甲斐(かい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年度の 竹田支援学校における 授業のあり方や教材準備等について 実践内容を掲示します。

 

 

 

四つの甲斐 : 大分県立竹田支援学校