小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > ジョブ・チャレンジにむけて(中学部・生活単元学習)

学校からのお知らせ

ジョブ・チャレンジにむけて(中学部・生活単元学習)
2017年12月12日

 11月29日~12月1日の3日間で、中学部産業現場等における実習(ジョブ・チャレンジ)が行われました。

 それに先立ち、「働くために必要な力は何か」という学習を行いました。

 

 

 

 規則正しい生活(早寝・早起き・朝ごはん)の大切さについて、仮想のキャラクターである『ヤスヒデくん』と『リョウテンくん』の1日の生活スタイルの比較をとおして生徒からたくさんの気付きがあがりました!

  


「挨拶の仕方」や「困ったときの対応」などについて、教師の悪い例のロールプレイを見ることで、「そんなやり方はおかしいよ!」「それは仕事をする人として変だよね!」などたくさんの意見が聞かれ、「自分だったらこうするよ!」という気付きにつながりました。

 


「自分だったらこうしたい!」と思う方法を、教師を実習先の担当者に見立ててロールプレイを行いました。


ジョブ・チャレンジの期間中、生徒達は「早寝・早起き」や「言葉遣い」「困ったときは勝手なことをしないで自習先の担当者に自分から聞く」ことなど、この学習で学んだことをめあてに立て、意識して実習に取り組むことができました。

 

ジョブ・チャレンジの報告会では自信を持って実習の報告をする生徒の姿がとても印象的でした!

大分県立竹田支援学校