小学部
小学部
中学部
中学部
高等部
高等部
HOME > 学校からのお知らせ > 高等部平和学習 「糸口山の奇跡」を実施しました。

学校からのお知らせ

高等部平和学習 「糸口山の奇跡」を実施しました。
2020年07月30日

高等部では、去る7月28日、午前中の3時間を使って平和学習を実施しました。

最初の1時間は、新型コロナ対策として、1年生を対象にした対面型の講義を、2、3年生は別教室でzoomを使って視聴しました。

「糸口山の奇跡~小倉陸軍造兵廠 糸口山製造所 の跡を求めて~」というタイトルで行われた講義では、宇佐市の海軍航空隊の様子やそこを狙ったアメリカ軍の空襲の話などを聞いた上で、終戦前の1年間ほど、宇佐支援学校のある糸口山に、小倉から軍事工場ごと疎開してきていて、約1万人が動員されて軍事工場や引き込み線路まであったことを写真や動画を使って説明しました。

また、この糸口山周辺のご出身で、子どもの頃にその軍事工場や防空壕の跡地で遊んでいたという経験もお持ちの本校就労支援アドバイザーの松田先生をお招きし、現在もわずかに残る工場や防空壕の跡地を求めての探索の話を、写真や地図などとあわせて聞きました。

松田先生からは最後に、「当時この場所には学徒動員で宇佐市内の中高生も集められ、人を殺す兵器を作らされていた。今、皆さんは人に喜んでもらうものを作り、お金をいただいて、好きなものが買える。そんな幸せをかみしめながら仕事に頑張ってほしい」と激励の言葉をいただきました。

            

さらに、大きな軍事工場があり、多くの人も住んで、戦闘機を狙う高射砲まであったのに、この糸口山には一度も空襲がなかった「奇跡」の事実を知りました。これは「糸口山」が、「戦いたくない」、「平和がいい」というエネルギーを発していたのではないか、そして、その場所で学んでいる皆さんもそんな平和のメッセージを周りに伝えないといけないんではないか、という授業者からの言葉を受けて、本校リバリュー(紙すき)班が制作したたんざくに、みんなで平和を願う川柳やメッセージを書きました。

そのメッセージを学年ごとに発表しあってシェアしたうえで、模造紙にはり、三学年あわせて大きなハートを描いた作品に作り上げました。現在体育館棟の、ランチルーム側の入口近くの壁に展示しておりますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。